対談

対 談

安全な商品を提供し
社会貢献を行うと共に、
社員とその家族の幸せを
追求する企業を目指します

代表取締役  吾妻広正
SU THARI AUNG THIN(スタリ アウン ティン)(2018年 入社)
大島司(2020年 新卒入社)

当社は公共構造物、主に橋梁を設計する企業として1997年に創立し、「企業は20年成長して1人前」を合言葉に現在に至りました。
当初は目の前の仕事をこなす事でみんな精一杯でしたが、現在は「将来の企業の在り方」を念頭に働き方改革、IT・新技術の導入を積極的に進めています。
当社を更に知って頂くために、若手社員と対談形式でお話します。

「株式会社エイル」の社名の説明
○○設計等何をやっているか解る社名では無く、エイルって何?を考えて決めました。
ただし、ちゃんと意味はあります。
Expanding :広げる
Infinite :無限、限りなく
Land :陸地、国土→土木
Engineering:技術
「Eile:限りなく、土木技術を広げる」

 

大島:経営理念を教えて下さい。

吾妻:当社は、公共構造物の設計を行う企業であり、災害の多い我が国の社会資本整備に重要な役割を担っています。
働き方改革(社員の健康増進)、地球環境への配慮などが重要視される中、キーワ-ドに分けて説明します。
「ミッション(社会的使命)」
地球環境への配慮を意識し、安全な社会資本整備の提供を通じて社会に貢献します。
「ビジョン(組織の将来像)」
組織としての価値観共有に努めます。(信頼・信用、プロフェッショナルとしての自覚とチ-ムワ-ク、法令遵守・挑戦)

代表取締役  吾妻広正

大島:働き方改革(社員の健康増進)の具体的な取組、成果を教えて下さい。

吾妻:新入社員に対しては、ベテラン社員によるOJTおよびISO9001に準拠した教育プログラムにより、丁寧に指導します。
言葉にすると難しく聞こえますが、先輩社員がマンツーマンで親切にサポ-トしてくれる環境だという事です。
実際、専門分野以外の若手社員もこの方法により実践で力を発揮しています。
また、各種セミナ-、講習などにも参加(オンライン参加有)する機会を設け、幅広い知識の取得に心掛けています。
コロナ禍の中、現在中断していますが、業界団体主催の海外研修にも積極的に参加しています。(ヨ-ロッパ、アメリカ、カナダ、オ-ストラリアに参加実績有)
上記した内容に限らず、今後も社員のスキルアップには支援を行います。

スタリ:若手社員達の技術能力の向上やスキルアップのため、社内勉強会またはミス防止講習会などを開催する予定はありますか。

吾妻:現在は、各部署ごとに実務の中でスキルアップ、ミス防止に取り組んでいますが、より幅広く情報交換が出来る機会は必要と考えています。若手社員が実務をやりながら、上司に自分の意見を述べるのはやはりハ-ドルが高いと思います。
今後、毎月所属長と「1on1ミーティング」を行い、実務以外で幅広く若手社員の意見を聞き、コミニュケ-ションを取って行き、その中から、若手社員が望む勉強会、講習会の形を決めたいと考えています。

 

―― スタリさんに質問です。
外国籍または女性の立場から会社に望む事はありますか。
また、技術能力の向上を目的とした建設中の橋梁の現場見学を、取引先の建設会社 のご厚意により実施しましたが、参加しての感想を聞かせて下さい。

スタリ:設計図に書かれた橋梁構造物を実際に施工している現場を見学できて貴重な経験が得られました。
橋梁の出来上がった形ではなく、まだ施工中の状況を見られる機会はなかなかないと思います。設計者が一所懸命計画・計算した設計結果を利用して、多数の技術者、職人の力を合わせながら良い構造物を造ろうとする雰囲気を見られ、設計者としての責任感、自分が設計した結果の大事さを感じました。
会社で仕事しているときあまり想像できなかった橋梁関係構造物(橋台、橋脚、竹割等)も実際に見られたため、これから設計する際は想像しやすくなったと思います。
今後も自分の高度な技術を身に付け、より精度の良い、より施工しやすい設計を目指したいと思います。
将来は、自分が持っている英語力を活用出来る海外プロジェクトを望んでいます。
会社は海外進出などを考えていますか。
また、これからの建設コンサルタント業界での女性の活躍をどう思っていますか。
今後、会社での女性社員の割合は増えると思いますか。

吾妻:建設コンサルタント業界の海外進出、海外案件の数はここ数年大幅に増えています。
当社も海外案件の依頼はありますが、数は少ないです。現在、海外進出を考えているわけではありませんが、今後は国内案件だけでなく海外案件にも対応する事は重要と考えています。
その先の可能性として、海外進出もゼロではありません。
その時は、スタリさんがリ-ダ-として、力を発揮して下さい。
建設コンサルタント業界だけで無く、どの企業も以前から女性の働きやすい環境を整え、活躍してもらえる企業を目指しています。
当社も数年前からこの課題に取り組み、働き方改革、福利厚生の充実を進め、まだ途中ではありますが、かなり改善出来、女性の(勿論男性も)働きやすい環境になって来たと思います。
当社も、今まで以上に女性の活躍を期待していますし、より多くの方と一緒に仕事をしたいと思います。

大島:新入社員に望む事は何ですか。

吾妻:性格は、明るい、寡黙、社交的、人見知り、積極的、慎重など人それぞれです。
性格では無く、何事にも興味を持って取り組む姿勢をもっている方と一緒に仕事をしたいと思っています。
新入社員のみなさんは、早く会社に慣れて価値観、達成感を共有出来るようにして下さい。
当社は創立当時から、インタ-ンシップ制度を活用しています。
興味のある方は是非試して下さい。当社は、みなさんの長所を生かせるような環境を整えてお待ちしています。
大島君は、3年生の時インタ-ンシップに来ましたが、その後の役に立った事はありますか。

大島司、SU THARI AUNG THIN(スタリ アウン ティン)

大島:就職活動時に役に立ったことは、この業界について深く知れたことです。
建設コンサルタントはどのような業界なのか。
その中でも、橋梁設計はどういった仕事内容なのか。
インターンシップでは実際の業務を経験できるので、その仕事が自分に合っているかわかります。
私は単純作業よりも頭で考える仕事が好きなので、当時、就職希望先を建設コンサルタントに絞ることができました。
入社後役に立ったことは、就職活動時と入社後で会社のイメージにギャップがなかったことです。
どの会社もインターネットで調べれば、ある程度その会社を知ることができます。
しかし、調べても会社の雰囲気やどのような社員がいるのかまではわかりません。
インターンシップでは会社のリアルを知れるため、入社後のイメージもしやすいです。
私は尊敬できる技術者が多くいるこの会社で働きたいと思ったため、エイルへの入社を決めました。
入社後も大きな不安はないですし業務も円滑に進めることができています。

 

――インタビューの最後に、みんな感想を話しましょう。

吾妻:いろいろお話をしましたが、みなさんに解り易く伝わりましたか。
当社は、日本初の構造形式や世界で表彰された大規模橋梁設計・高速道路リニューアル・災害復旧などに携わっており、大変やりがいがあると思います。
その反面、設計の完了までに数年かかる業務もあり、いつ終わるのかとプレッシャーがかかる事もありますが、根気よく向き合っていれば、どんなに大変な仕事も必ず終える事が出来ます。
その時、チ-ムで味わう達成感は格別です。
その後、設計した橋梁が完成し、形になればなおさらです。是非一緒にその達成感を味わいましょう。

スタリ:今日、社長とお話をして、会社の方針がハッキリ分かるようになりました。
会社は、働き方の選択肢を増やす施策(在宅勤務制度、フレックスタイム制)を導入しているので、女性社員でも安心して働ける環境になっていると思います。
仕事をやらされている感じは無く、仕事に対して生き生きワクワク感があります。
これからも女性技術者として、色々な構造設計を学びながら、BIM/CIMなどの新技術も活用出来るように、頑張って行きたいと思います。

大島:今回、対談という形でこのような時間を作っていただきありがとうございました。
私はまだ入社してから半年ほどしか経っていませんが、会社が働き方改革や生産性の向上に努めているのはよくわかりますし、実際に今でも働きやすい環境が整っていると感じます。
今はまだ目の前にある業務で手一杯ですが、会社の期待に応えるためにも、今後も知識と経験を増やし、一人前の橋梁設計技術者になれるよう頑張ります。